【風俗嬢インタビュー】第5回 鴨なす

 

 

鴨なす(元ホス狂い講習員) インタビュー

 

 

風俗で働いている子が得られる物は、金銭だけなんだろうか?
風俗は、自分の努力ややり方次第で結果を出しやすい職業だと思う。
結果が稼ぎやランキングなどで目に見てわかりやすい世界だが、現在数多くいる風俗嬢の中で売れる人間は、そうなる過程で金銭以外の物も手に入れる。
”風俗嬢”としてではなく”人”として魅力的な人が多いのは確かだが、それが天性の物か、努力して手に入れた物なのか。筆者は両方だと思う。
彼女たちは、常に考え、相手を見ている。現状に甘んじることなく、勉強し続けるのだ。
そして、彼女たちが業界を卒業した先に、どういった道を選ぶのだろうか。
今までインタビューで現役の売れっ子風俗嬢の方々にお話しを聞いてきたが、今回はとんでもない稼ぎをたたき出し、業界を卒業しその才を講習にて発揮している方にお話を聞いた。
鴨なすさんが風俗に足を踏み入れ、とんでもない稼ぎになるまでの道筋。そこから心機一転、正攻法で努力をした訳。そして現在個人の講習員として動き、何を伝えているのか。どんな人たちが彼女に助けを求めにくるのか。
彼女の様々な要素を紐解いていきたい。

 

 

 

私、人生でお金に困った事ないんです

 

 

ーー鴨なすさんが風俗業界に足を踏み入れたきっかけを教えてください。
最初は横浜で昼職とキャバクラをかけもちしていたんです。昼職が結構暇だったこともあり、小遣い稼ぎにって感じでキャバクラをはじめました。それでキャバクラのお姉さんに初めてホストクラブに連れて行ってもらったんですね。そうしたらすごいハマっちゃって、最初の月から400万とか使ってたんですよ。で、次の月も400万使い…。最初からそんな感じだったので、使うのをやめられなくなって貯金も一気になくなり、それで風俗もはじめました。

 

 

 

ーー最初から400万ですか!?すごいですね…逆になんで風俗始める前からそんなに貯金があったんですか?
えっと、これ大きな声では言えないんですが、高校生の頃から結構悪い事をしたりして、月100万円以上稼いでいたんです。

 

 

 

ーーそれっていわゆる援交とかそんな感じの事ですか?高校生でそんなに稼いでいて親御さんにあやしまれそうですけど…
ほんとに詳しくは言えないのですが、そういうのではなく、もうちょっとヤバい事です。親にはバレなかったですね。うちの親、そういうのに疎くて、バレませんでした。なので、貯金はたんまりあったんですよ。でも、ホストに行き出して、一気に使っちゃいましたね。当時の担当はバイトホストだったんで、週に2,3回しか出勤してなかったんですが「金使うから出勤しろ」って無理矢理出勤させてお金を使っていましたね(笑)

 

 

 

ーー風俗で、初めて出勤されたのは、何の業種だったんですか?
ホテヘルでした。でも、初めてついたお客さんが最悪で、スタッフに「新人好きのお客さんで、よく通ってくれるし、優しくて評判も良い人だよ」と言われてルンルンで行ったんですよ。でもそのお客さんにレイプされたんです!それで戻ってきたら女性スタッフに「どうだった?」と聞かれたんですけど、ヘルスで本番はしちゃダメという事は知っていたので、レイプされたのに「(やっちゃダメな事しちゃった…言ったら怒られる)」と思って言えず「ええ…大丈夫でした…。」としか言えませんでした。今思えば、他の子も私と同じような目にあったけど言えず、お客さんも、それをわかっててやってた確信犯だったのかな、と思います。

 

 

 

ーーそれは本当に最悪ですね。鴨なすさんは現役時代もすごく稼がれていたイメージですが、最初からそうでしたか?
最初は、のらりくらりやっていたので、売れていた!ってほどではなかったです。でも、その後も最悪な事が続いちゃって、キャバクラも続けていたんですが、キャバクラのお客さんにバレちゃって「バラされたくなかったらヤらせろ」と脅されて、またレイプされたんです。それで、横浜にいるのが嫌になって、逃げるように新宿に引っ越してきました。それから、とにかく出稼ぎに行きまくるようになったんです。ソープに行きだしたんですが、当時使っていたスカウトにNS(ノースキン)のお店を紹介され、よくわからなかったので「外出しですよね?」と聞いたら「そうだよ」と言われたんです。でも実際行ったら、中出しじゃないですか。私も無知だったので悪いかもしれませんが、騙された!と思いましたね。でもお金は必要だから帰るわけにもいかないし、幸いピルは服用していたので、翌日からは開き直って「出せ出せ~」と思ってました。こういう、無知が理由で酷い目にあった事も多かったです。

 

 

 

1年は準備期間だと思い、4店舗を掛け持ちして1日16時間働き、本指名を増やしました。

 

 

ーーツイッターに毎月平均500万以上稼がれていた、と書かれていますが、どうやってそんなに稼がれていたんですか?

出稼ぎに1か月とか行き続けていたんですよ。違法ですが、援デリで働いていて、ホテルに行ってやる事やって10分で退室したりもしていました。MAXで1日18人とか接客していましたね。それで月収500万円ほど稼いでいました。しばらく続けていたんですが、ある日「せっかく家を借りてるのに全然帰れてないじゃん!」って悔しくなっちゃって、そこから出稼ぎに行かなくても稼げるように、在籍で頑張ろうと決意して、1年間死ぬほど頑張ったんです。

 

 

ーーその在籍って言うのはどういう業種だったんですか?

高級ソープ、高級デリ、大衆ソープ、大衆デリ、の4店舗の掛け持ちでした。分けたのには理由があって、まず鬼出勤って思われたくなかったというのと、一つの店舗で100本指名を取るのは相当大変だけど、4つの店舗でも本指名を30人づつ作ったら4店舗で120本じゃないですか。なので分散していました。当時は1日のうちでも、2店舗ハシゴで出勤したりしていたので、16時間とか働いていましたね。この1年間は準備期間だと思って、本当に文字通り死ぬほど頑張りましたね。

 

 

ーー高級と大衆ってお給料も全然違うと思うのですが、どうやってモチベーションを保っていたんですか?同じ熱量で頑張るのも大変で「高級に出てたら〇万か…」とか思っちゃいそうですけど。

とにかくがむしゃらに頑張っていた、というのはあります。でも、元々付いてるものでお金稼げるって凄くないですか!?私はそういう考えだったので、1万だろうが5万だろうが、お金に変わってラッキーくらいにしか思ってませんでした。なので別にいくらでも良いんです。わたし多分メンタル強くて、ちょっとやそっとじゃ悩まないんですよね(笑)

 

 

ーー元々出稼ぎ時代に月500万稼いでいたのを、準備期間といえど1からそこまで頑張れるって、並大抵ではなかったと思います。

これは、当時の担当のおかげでもあります。当時の担当が「1年は準備期間を作っていいよ。俺は来年頑張ればいいから」と言ってくれたんです。ホストって「稼げる分だけ稼いで、あるだけ使え~」って人も多いんですが、出稼ぎで500万稼いで使っていたのをやめてでも、準備期間を作って大丈夫と言ってくれたので。その担当がいなかったら、頑張れなかったと思います。で、1年しっかり準備期間を作ったので、翌年はごっりごりにホス狂いしましたね(笑)一番お金使ったと思います。で、風俗やり切ったー!ってなったので、風俗も卒業し、担当のエースをずっとやっていたのですが、ゴリゴリのホス狂いも同時に卒業しました。今ホストクラブは、初回や付き合いで行く程度で、がっつりは行ってないです。

 

 

ーーホス狂いを卒業して、今の界隈を見て思う事ってありますか?

なんか、しょうもないホス狂い増えたなって思いますね。タワーに自分のアカウント名載せたり、匂わせや晒しなんかもしょうもないのが多いし…。昔はもっとバーーーッとお金使ったりカッコいい人がもっと多かった気がします。私自身匂わせとか、晒したこととか一回もないので、そう思うのかもしれません。あと、稼いだマウントとか金使ったマウントとかありますけど、私は全然肯定派です。だって、稼げるのってそれだけの努力をしていますし、逆にそれをウザいって思う人を理解できません。そもそも騒ぐ前に、見たくないものはミュートやブロックでいいんですよ。

 

 

最新情報をチェックしよう!