RED 初回潜入

妹尾ユウカがホストクラブ REDに初回に行き、着いたホストの悪口レビューをガチでやるという企画。
遠慮は一切なし。もし炎上したらREDさんからスポンサーが打ち切られてしまうというドキドキ感の中行ったスリリングな企画である。

綾咲ゆいと
ソジュハンザンで働いたら、ほろ酔いの女子大生から「お兄さんテテに似てる!」とチヤホヤされて、ものすごいイキってしまいかねない、アンニュイな顔立ちをしたイケメン。『花より男子』の花沢類以外着ることを許されないような長めのカーディガンを着ていましたが、ギリギリ許せました。ただ、終始「めっちゃ髪の毛綺麗ですね」と褒めてきたことだけはギリギリ許せません。他も綺麗じゃ!
マジメユウタ
彼が隣に座ってから30秒でこんな疑問が生まれました。「私、お前と知り合いだっけ?」。とてもいい意味で人との距離感の詰め方がバグってました。全盛期の亀梨くんみたいなビジュなだけあって、ギリギリを攻めてくるプロでした。会話や場の主導権を握るのが早いので、Tinderで出会っていたら絶対に警戒していましたが、フマジメユウカとしては終始好ましい無礼講でした。
ケンイチ
なんて言えばいいんだろうか。例えるならば、クビになった歌のお兄さんみたいな風貌でした。「アイドル店」と言われているREDで見るとびっくりしちゃう感じでした。地元に一人はいる、天然キャラのいい奴みたいで、ゆきざきビルを飛び出して実家に帰りたくなりました。「ケンイチ、こんなところでなにしてるの!」と彼の母親の代わりに地元に連れ戻したくなるような汚れを知らない目をしていました。この時、私の友人には成渼遊さんが着いていたので、寒暖差?コントラスト?の違いに風邪をひきそうになりました。とりあえず私はめちゃくちゃ好きでした。
巫楓
フェアリー系の可愛い男の子でしたが、玄人の私には分かります。こういう奴こそ性欲がめちゃくちゃ強いです。可愛い顔で女性のガードを容易く緩めますが、入り込まれたら一貫の終わり。LINEの一言に「意外と沼」と注意書きをしておいてほしいです。
サファイア
こちらもまたアイドル店で見るとビックリなフォルムの優しいお兄さん。世の全男性を山崎賢人系とVaundy系に振り分けた場合、迷いなく後者に属するタイプでした。開口一番、よく言えば天然、悪く言えば無神経な私の友人が「なんでホストになったんですか?」と問いかけると「資格もないしお金もなかったから、手っ取り早くお金を稼げて寮が用意されているホストクラブに公衆電話から電話をかけた」と言っていました。いざ寮暮らしを始めてみると、酔っ払って帰ってきた同居人に大声を出されたりすることがしんどかったそうです。野蛮そうな見た目とは裏腹にめちゃくちゃ繊細でした。本当に入れ物を間違えてしまっただけで、優しいイケメンのメンタルでした。
千太郎
めちゃくちゃ可愛い。あまりに可愛くて「可愛い」以外の感情を失ってしまい、「君が半身浴したお風呂のお湯でリゾット作って食べたいぐらい可愛いね!」と言ってしまいました。セクハラで訴えられたら普通に勝てません。ちいかわやマイメロよりも可愛い、完璧な年下男子でした。
一条仁
「あなたの自信はどこから?」とベンザブロックのCM風に問いかけたくなる男でした。悪い意味ではなく、確固たる自信に溢れていました。あだ名を付けるならば”セルフカリスマ”って感じです。席について早々、免税店のような華やかな香りがプンプンしたので「わあ!いい匂いですね」と情弱の面持ちで話しかけると、「香水7プッシュしてきたけんね」と言われました。さりげない九州男児アピールです。「九州の人?私の父親は福岡の小倉出身なんです」と続けると「俺は市内。シティーボーイシティーボーイ」とイキられました。どうやら彼の自信は中洲川端から来たものだったようです。
成渼遊
私の方についていたわけではないのですが、せっかくなので書かせていただきます。もう今更書くまでもない気はしますが、宣材写真となんの差違いのないイケメンでした。おそらく、この世で自分がポメラニアンの次に可愛い顔をしているという自覚もあることでしょう。しかし、奥行きを感じられなかったので、”ラ・トゥール最上階6畳”というキャッチコピーを授けたいです。
鳳条 歩
うっさい。もうとにかくうっさい。2日寝てない菊池風磨のようなイケメンでしたが、あだ名を付けるならば”擬人化ドンキ”という感じです。物理的な距離が近づけば近づくほど、「ドンドンドン♪」というBGMが鮮明に聞こえてきます。距離感バグな方でしたが、「100か0か」いや、「120かマイナスか」の賭けに出られる強さには脱帽です。台風に巻き込まれた気分になりましたが、彼が席を抜けてからは平穏な日常を取り戻した安堵感のようなものを感じられました。彼のおかげで当たり前の静けさに感謝を覚えられます。
今回ご協力頂いたのは歌舞伎町のホストクラブ REDさんでした。
いま、歌舞伎町で最も勢いのあるお店といっても過言ではない店舗、是非一度足をお運びください。HP https://groupdandy.com/shop/red/
Twitter @clubred4f

潜入企画を希望されるホスト様・店舗様へ

初回潜入企画はスポンサーの方にのみ提供させて頂いているメニューとなります。
ご興味のある方は 広告掲載について をご覧頂き、歌舞伎町新聞のTwitterアカウントのDMまでご連絡ください。

最新情報をチェックしよう!